2018.3.4 05:01

ヤクルト・青木、スパイクの配色“NG”に

ヤクルト・青木、スパイクの配色“NG”に

ヤクルト・青木宣親のスパイク

ヤクルト・青木宣親のスパイク【拡大】

 (オープン戦、巨人6x-5ヤクルト、3日、東京D)ヤクルト・青木宣親外野手(36)=前メッツ=は、巨人とのオープン戦(東京ドーム)に「4番・左翼」で先発出場し、四回に菅野智之投手(28)から右前打を放って好機を広げるなど2安打。2011年のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ以来となる4番で、『つなげる4番』の可能性を示した。

 青木が7年ぶりの古巣復帰でアジャスト(適応)するのは、野球だけではない。この日の試合前には審判から、独特なスパイクの配色が規定違反だとして指摘される場面があった。さらに天才打者を悩ませる“強敵”が花粉。2月28日に神宮で全体練習を行った際に調子を問われると「それより花粉症が…」と苦笑いを浮かべていた。

試合結果へオープン戦日程へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. ヤクルト・青木、スパイクの配色“NG”に