2018.3.3 05:01

大谷、2度目の実戦登板へフォーム確認 水原通訳を相手に軽めに16球

大谷、2度目の実戦登板へフォーム確認 水原通訳を相手に軽めに16球

特集:
大谷翔平
軽めの練習で調整したエンゼルス・大谷=アリゾナ州テンピ(撮影・リョウ薮下)

軽めの練習で調整したエンゼルス・大谷=アリゾナ州テンピ(撮影・リョウ薮下)【拡大】

 エンゼルス・大谷翔平投手(23)は1日、キャッチボールで入念なフォームチェック。2日(日本時間3日)のブルワーズとの練習試合登板に備えた。ブルペンではシャドーピッチングを繰り返すと、水原通訳を相手に軽めに16球。マウンドを降りながら1メートルほど前に出て7球を追加した。2月27日に打者として出場したロッキーズ戦後に「(投手の調整は)まず自分の状態を上げることが一番」とテーマを掲げていた。 (テンピ)

オープン戦日程へ

  • 軽めの練習で調整したエンゼルス・大谷=アリゾナ州テンピ(撮影・リョウ薮下)
  • 練習に向かうエンゼルス・大谷=アリゾナ州テンピ(撮影・リョウ薮下)
  • 練習前に記者の囲み取材を受けるエンゼルス・ソーシア監督=アリゾナ州テンピ(撮影・リョウ薮下)
  • 練習試合の登板を控え、キャッチボールで調整するエンゼルス・大谷=テンピ(共同)
  • 練習試合の登板を控え、ソーシア監督(手前右)と話すエンゼルス・大谷(左端)=テンピ(共同)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 大谷、2度目の実戦登板へフォーム確認 水原通訳を相手に軽めに16球