2018.3.3 16:49

ソフトB・川島が“チーム第1号” 「とにかく結果を出さないといけない立場なので」

ソフトB・川島が“チーム第1号” 「とにかく結果を出さないといけない立場なので」

6回、本塁打を放ちガッツポーズを見せるソフトバンク・川島=ヤフオクドーム(撮影・門井聡)

6回、本塁打を放ちガッツポーズを見せるソフトバンク・川島=ヤフオクドーム(撮影・門井聡)【拡大】

 (オープン戦、ソフトバンク4-1阪神、3日、ヤフオクD)ソフトバンクの川島がオープン戦のチーム第1号を放った。六回2死無走者で代打出場し、左腕の高橋聡の変化球を左中間へ。昨季も全5本塁打を左投手から打った34歳のベテランは「打てて良かった」と笑みを浮かべた。

 明石が腰痛で離脱したものの、正二塁手争いには本多や西田らがひしめく。川島は「とにかく結果を出さないといけない立場なので」と強い気持ちでプレーしている。

バンデンハーク(四回途中8奪三振、無失点)「真っすぐも変化球も良かった。キャンプでやりたいことができた」

野沢(育成投手は2番手で1回1/3無失点)「人生初のヤフオクドームのマウンドだったが、緊張なく投げられた」

試合結果へオープン戦日程へ

  • 6回、本塁打を放ち喜ぶソフトバンク・川島=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 投球するソフトバンク・バンデンハーク=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 5回、適時打を放つソフトバンク・高田=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 6回、本塁打を放ったソフトバンク・川島を迎える工藤監督=ヤフオクドーム(撮影・森本幸一)
  • 5回、2点適時三塁打を打つソフトバンク・高田=ヤフオクドーム(撮影・門井聡)
  • 9回、登板するソフトバンク・サファテ=ヤフオクドーム(撮影・森本幸一)
  • 阪神戦で力投するソフトバンクのサファテ=ヤフオクドーム
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. ソフトB・川島が“チーム第1号” 「とにかく結果を出さないといけない立場なので」