2018.3.1 20:58

清宮、フェンス直撃の二塁打で2試合連続打! 3打数1安打でアピール

清宮、フェンス直撃の二塁打で2試合連続打! 3打数1安打でアピール

5回、中越え二塁打を放つ日本ハム・清宮=札幌ドーム (撮影・山田俊介)

5回、中越え二塁打を放つ日本ハム・清宮=札幌ドーム (撮影・山田俊介)【拡大】

 (国際交流試合、日本ハム7-0台湾ラミゴ、1日、札幌D)日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)=早実高=が四回の守備から登場。五回の打席では中堅フェンス直撃の二塁打を放った。

 前日の台湾ラミゴ戦で対外試合初の先発メンバー入りを果たし、2打数1安打の活躍を見せた清宮が、この日もバットで快音を響かせた。四回から中田に代わり一塁の守備で登場。4点リードの五回、二死走者なしの場面で、相手の左腕投手の高め直球をとらえると、打球は中堅フェンス直撃の二塁打となった。

 2試合連続の長打でチャンスを作ると、続く太田の中前打で一気に本塁まで生還。はつらつとしたプレーを見せた。

 この後、六回に二死満塁で迎えた第2打席では三邪飛。八回に一死一、二塁で迎えた第3打席では右直に倒れた。チームは7-0で勝った。

  • 3回、三塁打を放ち、交代したレアードとタッチをかわす日本ハム・清宮(中央)ら=札幌ドーム(撮影・山田俊介)
  • 試合前シートノックに臨む日本ハム・清宮(左)。右は中田=札幌ドーム(撮影・山田俊介)
  • 5回、二塁から生還する日本ハム・清宮=札幌ドーム(撮影・山田俊介)
  • 生還した清宮に拍手を送る日本ハム・栗山監督=札幌ドーム(撮影・山田俊介)
  • 7回、本塁打を放つ日本ハム・太田=札幌ドーム(撮影・山田俊介)
  • 7回本塁打を打った太田を出迎える日本ハム・中田(左)、清宮=札幌ドーム(撮影・山田俊介)
  • 台湾プロ野球ラミゴとの交流試合の5回、中越え二塁打を放つ日本ハム・清宮=札幌ドーム
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 清宮、フェンス直撃の二塁打で2試合連続打! 3打数1安打でアピール