2018.3.1 05:01

【初安打一問一答】日本ハムD1・清宮「満足しないけれど、ホッとした」

【初安打一問一答】

日本ハムD1・清宮「満足しないけれど、ホッとした」

特集:
2018新人情報
清宮幸太郎
真ん中高めのボールにどんぴしゃり。右中間へ打球を運んだ

真ん中高めのボールにどんぴしゃり。右中間へ打球を運んだ【拡大】

 (国際交流試合、日本ハム6-4台湾ラミゴ、28日、札幌D)日本ハム・ドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)=早実高=は「7番・一塁」で出場。今季の本拠地初開催となる試合で、対外試合初の先発メンバー入りを果たし、実戦初安打をマークした。

 --本拠地札幌ドームで初の先発出場

 「いろいろ初めてでしたが、雰囲気とか流れをちゃんとつかめた」

 --球場がわいた

 「素直にうれしかった。自分が(スクリーンの)大画面に映っているのは不思議でした」

 --打席では

 「何も考えていない。塁に出ることを考えた。来た球を打った。(内寄り)だったかなと思います。詰まったかなと思いましたが、いいところに飛んだ。うまく打てたと思う」

 --六回の第3打席は空振り三振

 「三振したのも感じるところがあった。また、一歩進める」

 --プレッシャーは

 「危機感ではないけれど、どんどん打てないで長引くより、一本出てしかも長打でよかった」

 --大きな一歩を踏み出した

 「この前も言いましたが、結果が大事になる。そこにこだわりたい。満足しないけれど、ホッとしました」

オープン戦日程へ

  • 日本ハム・清宮幸太郎の今季実戦アットバット
  • 清宮の打席全球
  • 日本ハム・主な今後の実戦日程
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 【初安打一問一答】日本ハムD1・清宮「満足しないけれど、ホッとした」