2018.2.27 17:13

大谷“二刀流ミット”もデビュー! 出塁時に右手を保護

大谷“二刀流ミット”もデビュー! 出塁時に右手を保護

特集:
大谷翔平
パドレスとのオープン戦の3回、四球で出塁後、暴投で二塁に滑り込むエンゼルス・大谷=ピオリア(共同)

パドレスとのオープン戦の3回、四球で出塁後、暴投で二塁に滑り込むエンゼルス・大谷=ピオリア(共同)【拡大】

 米大リーグは26日、各地でオープン戦が行われ、エンゼルスの大谷がアリゾナ州ピオリアでのパドレス戦に「2番・指名打者」で野手として実戦に初めて出場し、五回の第3打席で中前適時打を放った。直後に代走を送られて交代し、1打数1安打1打点、2四球だった。

 投打の「二刀流」を支える“ミット”がお目見えした。エンゼルスの大谷が塁に出ると、投球する右手を保護するために大きな鍋つかみのようなミットを装着して走塁した。

 球団公式サイトによると、球団から勧められて試したという。同僚のトラウトが昨季、靱帯を痛めた手の親指を保護するために着用していたものに近いモデルだという。(共同)

試合結果へ大谷の成績へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 大谷“二刀流ミット”もデビュー! 出塁時に右手を保護