2018.2.27 15:16

ロッテ・大隣、古巣ソフト相手に好投「ローテーションを目指したい」

ロッテ・大隣、古巣ソフト相手に好投「ローテーションを目指したい」

3回から登板し、2回を無失点に抑えたロッテ・大隣=宮崎(撮影・林俊志)

3回から登板し、2回を無失点に抑えたロッテ・大隣=宮崎(撮影・林俊志)【拡大】

 ロッテ入りした大隣憲司投手(33)が27日、古巣のソフトバンクとの練習試合(アイビー)で2回無安打と好投し新天地でのローテーション入りに向けアピールした。

 三回から2番手で登板。1イニング目は緩急を織り交ぜ三者凡退に抑え、2イニング目の四回は柳田を内角球で詰まらせ中飛、内川は遊ゴロに打ち取った。

 初の対外試合が前所属という巡り合わせに「最初は“マジか?”と思ったけど、近づくにつれて楽しみになった。敵として宮崎に来るのも不思議な気持ちだけど、これからは戦う相手なので、0点に抑えられてよかった」と笑みがこぼれた。

 2月の石垣島キャンプにテスト参加。途中、腰を痛め実戦登板の機会は少なかったが「契約していただいて本当に感謝している。もうちょっと精度を上げて、ローテーションを目指したい」と意欲的だった。

キャンプ日程へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ロッテ
  5. ロッテ・大隣、古巣ソフト相手に好投「ローテーションを目指したい」