2018.2.27 08:00

【若松勉 キャンプCHECK】制球安定「新しい松坂」あとは球速

【若松勉 キャンプCHECK】

制球安定「新しい松坂」あとは球速

3回、投球する中日・松坂=沖縄・北谷(撮影・甘利慈)

3回、投球する中日・松坂=沖縄・北谷(撮影・甘利慈)【拡大】

 (練習試合、中日-韓国ハンファ、26日、沖縄・北谷)新たな松坂を見た。内外角にボールを散らして3人で封じた。力まずに制球重視で投げたことが好投の要因だろう。ソフトバンク時代は力むあまり、首を使いすぎていたが、この日はいい意味で静かに投げていた。フォームが暴れないから、制球も安定した。

 もともと、投球術も秀でた投手。スライダー、フォークボール、シュートなど変化球を投げ分けてストライクゾーンを広く使うことができれば、白星を手にするチャンスも増す。

 ただ、逆にいえば迫力に欠ける。この日の投球では、打者は怖さを感じないのではないか。やはり、あと4~5キロはほしい。今後、球速は上がるのか。そこが復活への鍵を握るだろう。 (サンケイスポーツ専属評論家)

キャンプ日程へ

  • 練習試合登板後、ブルペンで佐々木氏と話す中日・松坂=沖縄・北谷(撮影・甘利慈)
  • 3回、三振を奪う中日・松坂=沖縄・北谷(撮影・甘利慈)
  • 練習試合登板後、囲み取材に応じる中日・松坂=沖縄・北谷(撮影・甘利慈)
  • 松坂の全投球
  • 松坂大輔の年度別登板成績
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 【若松勉 キャンプCHECK】制球安定「新しい松坂」あとは球速