2018.2.26 08:00

【野村弘樹ウイニングショット】大谷、“速く動く”ツーシームなど必要

【野村弘樹ウイニングショット】

大谷、“速く動く”ツーシームなど必要

特集:
大谷翔平
ついに夢の舞台に上がった大谷。収穫と課題の両面が表れる試合となった (撮影・リョウ薮下)

ついに夢の舞台に上がった大谷。収穫と課題の両面が表れる試合となった (撮影・リョウ薮下)【拡大】

 エンゼルス6x-5ブルワーズ(24日=日本時間25日、テンピ)米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(23)は、ホームのブルワーズとのオープン戦で先発投手として実戦デビューを果たし、1回1/3を2安打2失点(自責点1)、2奪三振1四球だった。

 オープン戦のデビュー登板だったが、落ち着いていて緊張もなく投げていた。力の入れ具合は、この時期というのもあって全体的には6割から7割の感じだった。

 ストレートの割合が多く、まずは真っすぐがどれくらい投げられるのか、切れや伸びなどを試していたように思う。MAX156キロだったが、スピードはこれからどんどん出てくるだろう。

 ただ、一回先頭の左打者に高めの真っすぐをパチン!と中越えにはじき返された。大谷の真っすぐは、きれいなフォーシームで“ザ・ストレート”といった感じのもの。日本でもあまり動くボールは投げていなかった印象だ。メジャーで戦うためには、“速く動く”ツーシームなどのボールは必要になってくる。

 フォークボールはいいところに落ちて三振も奪っていた一方で、スライダーは指に引っかかってストライクがとれなかった。乾燥した環境、滑りやすいとされる大リーグ公式球など全てを受け入れてスライダーの精度を上げていくことも課題となる。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ大谷の成績へ

  • 歴史的第1球
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 【野村弘樹ウイニングショット】大谷、“速く動く”ツーシームなど必要