2018.2.26 05:02

【実戦デビュー一問一答】大谷「状態をこれから上げていけたら」

【実戦デビュー一問一答】

大谷「状態をこれから上げていけたら」

特集:
大谷翔平
ブルワーズ戦でメジャー初登板を果たしたエンゼルス・大谷=アリゾナ州テンピ(撮影・リョウ薮下)

ブルワーズ戦でメジャー初登板を果たしたエンゼルス・大谷=アリゾナ州テンピ(撮影・リョウ薮下)【拡大】

 エンゼルス6x-5ブルワーズ(24日=日本時間25日、テンピ)米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(23)は、ホームのブルワーズとのオープン戦で先発投手として実戦デビューを果たし、1回1/3を2安打2失点(自責点1)、2奪三振1四球だった。

 --収穫と課題は

 「全体的にカウントを取りにいく球が甘かった。探りにいっている感じがあった」

 --相手打者からは『直球が平坦(へいたん)』という意見も

 「それは打者の感想なので僕は分からないですけど、状態をこれから上げていけたらいい」

 --緊張は

 「特になく、日本と同じような感じ。1度目の登板から、そんなにビシビシ決まることはないので例年通り」

 --フォークボールが切れていた

 「(試合前の)ブルペンであまりいい感覚がなかったけど、試合で投げた方が比較的いいポジションに落ちていた」

 --イニング間も日米で異なる

 「日本はキャッチボールができるので、そこが違った。体を温めながら、キャッチボールをできない中で、どうやって先頭を抑えるか勉強になった」

試合結果へ大谷の成績へ

  • 大谷の全31球
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 【実戦デビュー一問一答】大谷「状態をこれから上げていけたら」