2018.2.25 18:00(1/5ページ)

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】優勝近い今年の阪神にD4・島田と4年目・植田が存在感 2つの海が“満潮”なら打線に激流

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】

優勝近い今年の阪神にD4・島田と4年目・植田が存在感 2つの海が“満潮”なら打線に激流

特集:
板東英二 観戦記
「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記
12日の紅白戦で二盗したD4・島田海吏。右は植田海。俊足2人が虎に新たな機動性をもたらす

12日の紅白戦で二盗したD4・島田海吏。右は植田海。俊足2人が虎に新たな機動性をもたらす【拡大】

 2つの海が“満潮”を迎えるなら、阪神の野球は劇的に変化します。春季キャンプも最終クールです。新大砲ウィリン・ロサリオ内野手(29)が期待通りの打撃を見せるなど順調に仕上がっていますが、ここに来て球団内外で注目を集めるのがドラフト4位ルーキー島田海吏外野手(22)、そして大和の抜けた遊撃で存在感を示し始めた4年目の植田海内野手(21)ですね。俊足2人がポジションを奪えば阪神打線に新たな機動性をもたらします。2人の存在がチームに激流を生むかもしれません。

 まさに光陰矢のごとし…ですね。春季キャンプもいよいよ最終クールを迎えました。28日に打ち上げると、その後はオープン戦に突入。3月30日の開幕戦(巨人戦=東京D)まで後1カ月となりますね。

 春季キャンプでは阪神はもちろん、他のセ・リーグ5球団も全て見ました。あくまでも現時点での感想を言うなら、辛口の私でもハッキリと言い切れます。

 「今年の阪神は大チャンス。優勝を狙う、ではなく優勝に最も近いのだから絶対に勝つ!! という気概で臨んでほしい」

 これが偽りのない私の評価です。3連覇を目指す広島は確かに強いですね。昨季の後半に右足首を骨折した鈴木誠也の調整が遅れていた時期もありましたが、ここに来てしっかりと仕上げてきました。昨季は6勝で終わった左腕ジョンソンが復活すれば投打に充実しています。最大のライバルでしょう。巨人もゲレーロの加入で打線は強力。侮れません。それに昨季の日本シリーズ出場で若手が自信を付けたDeNAも手強(ごわ)いですね。

【続きを読む】

  • 21日のKIA戦で2ランを放った島田。首脳陣から打撃への評価が上がっている
  • 11日のDeNAとの練習試合で五回、植田はバントで投前内野安打を放つ
  • 植田は11日に行われたDeNAとの練習試合で大和(右)の前で二盗。遊撃候補に名乗りを挙げた
  • 21日のKIA戦で本塁打を放った島田(中央)はバットを手にナインとハイタッチ
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】優勝近い今年の阪神にD4・島田と4年目・植田が存在感 2つの海が“満潮”なら打線に激流