2018.2.25 05:02

西武の166キロ男・カスティーヨ、まずは152キロ0封デビュー!

西武の166キロ男・カスティーヨ、まずは152キロ0封デビュー!

特集:
板東英二 観戦記
3回無失点のカスティーヨ。“本物”の予感だ

3回無失点のカスティーヨ。“本物”の予感だ【拡大】

 (練習試合、西武1-7ロッテ、24日、高知・春野)西武の新外国人、ファビオ・カスティーヨ投手(29)=前ドジャース=が24日、ロッテとの練習試合(高知・春野)に先発。3回を無安打無失点に抑え、上々のデビューを飾った。

 「四球を出した後は集中した。コントロールはよくなってきている」。二回まで走者を許さず。三回に2四球で一死一、二塁のピンチを招いたが、連続三振で切り抜けてアピールした。

 前日23日には通訳を伴わず、一人で理髪店に出かけた。来日から1カ月だが「最初の5分ぐらいは緊張したけれど、カタログを見て説明したよ」と、きれいに刈りそろえてデビュー戦に臨んだ。

 一昨年に103マイル(約166キロ)を投げたことがある速球派右腕は、17日の紅白戦から最速を3キロ上げ、152キロを計測。「次はもっと速い球を投げたい。160キロに近づけるようにね」と舌も滑らかだ。土肥投手コーチも「あれだけ速くてストライクゾーンにいけば勝負になる」と評価した。次回は3月6日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)に先発予定。陽気なドミニカンが、自慢の速球で“絶対王者”に腕試しをする。 (花里雄太)

キャンプ日程へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 西武の166キロ男・カスティーヨ、まずは152キロ0封デビュー!