2018.2.23 05:05(1/3ページ)

日本ハムD1・清宮、また場外弾!「急性胃腸炎」に襲われながら連日の快音

日本ハムD1・清宮、また場外弾!「急性胃腸炎」に襲われながら連日の快音

特集:
2018新人情報
清宮幸太郎
フリー打撃で12本の柵越えを放った清宮。この後、腹痛を訴えて病院に向かった

フリー打撃で12本の柵越えを放った清宮。この後、腹痛を訴えて病院に向かった【拡大】

 日本ハム春季キャンプ(22日、沖縄・名護、国頭)右手親指を負傷した影響で前日21日にフリー打撃を再開した日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)=早実高=が22日、2軍キャンプ地の沖縄・国頭での練習を早退し、名護市内の病院で急性胃腸炎と診断された。幸い軽症とみられ、体調不良の中で臨んだフリー打撃では12本の柵越えを放つなど確かな才能を披露した。斎藤佑樹投手(29)は、韓国サムスンとの練習試合(沖縄・恩納村)に2番手で登板し、2回無安打無失点と好投した。

【続きを読む】

  • ノックを受けている間など、清宮はしきりに腹部を気にするしぐさを見せていた(撮影・蔵賢斗)
  • ノックを受けている間など、清宮はしきりに腹部を気にするしぐさを見せていた(撮影・蔵賢斗)
  • 体調不良で練習を終えてひきあげる日本ハム・清宮幸太郎=かいぎんスタジアム国頭(撮影・蔵賢斗)
  • ノック練習中腹部を何度も気にする日本ハム・清宮=沖縄・名護、国頭(撮影・蔵賢斗)
  • 体調不良で練習を終えてひきあげる日本ハム・清宮=沖縄・名護、国頭(撮影・蔵賢斗)
  • 清宮の柵越えの内訳
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 日本ハムD1・清宮、また場外弾!「急性胃腸炎」に襲われながら連日の快音