2018.2.19 14:28

DeNA・今永、北九州市スポーツ大使就任「老後を暮らしたい」

DeNA・今永、北九州市スポーツ大使就任「老後を暮らしたい」

北九州市スポーツ大使を委嘱されたDeNA・今永(中央)。左は北九州市の北橋健治市長、右は同・井上秀作市議会議長=沖縄・宜野湾(撮影・吉澤良太)

北九州市スポーツ大使を委嘱されたDeNA・今永(中央)。左は北九州市の北橋健治市長、右は同・井上秀作市議会議長=沖縄・宜野湾(撮影・吉澤良太)【拡大】

 DeNAの左腕エース・今永昇太投手(24)が19日、故郷の「北九州市スポーツ大使」に就任し、宜野湾キャンプの選手宿舎で行われた「委嘱式」に出席した。

 同大使は過去に元バドミントン五輪代表の潮田玲子氏や元サッカー日本代表MF本田泰人氏(サンケイスポーツ専属評論家)ら20人が担っている。プロ野球ではカズ山本氏、柴原洋氏も任命されているが、現役選手は初めて。

 委嘱式で北九州市の北橋健治市長から委嘱状や特製の名刺などを贈られた今永は「僕が活躍することによって北九州市の文字がメディアに取り上げられるようにしたい」と誓いを新たにした。

 また、同市の九州国際大付属高出身の高城俊人捕手が今永とともに北九州市議会から「感謝状」を贈られた。二人は同市について「自然が豊富。何より人が温かい」(高城)、「住みやすい街でのびのび生活できる。老後を暮らしたい」(今永)などと話し、故郷を存分にPRしていた。

  • 北九州市議会感謝状贈呈式で笑顔を見せるDeNA・今永(左)と高城=沖縄・宜野湾(撮影・吉澤良太)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. DeNA・今永、北九州市スポーツ大使就任「老後を暮らしたい」