2018.2.18 18:00(1/5ページ)

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】阪神・ロサリオの超ハイペース調整に隠された2つの危機管理 バース級活躍なら日本一見える!

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】

阪神・ロサリオの超ハイペース調整に隠された2つの危機管理 バース級活躍なら日本一見える!

特集:
「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記
11日に行われたDeNAとの練習試合で一回、本塁打を放ったロサリオ。まさに名刺代わりの一発だった

11日に行われたDeNAとの練習試合で一回、本塁打を放ったロサリオ。まさに名刺代わりの一発だった【拡大】

 ロサリオの超ハイペース調整には2つの隠された危機管理があります。阪神は沖縄の「かりゆしホテルズボールパーク宜野座」で春季キャンプ中です。話題はウィリン・ロサリオ内野手(28)一色ですね。練習試合、紅白戦で豪弾を連発し、本物の大砲襲来!! と金本知憲監督(49)ら首脳陣は目を見張っています。周囲の喧騒(けんそう)もどこ吹く風でロサリオは実戦への出場を直訴、練習でも手を抜かないハイペース仕上げですが、その裏には考え抜かれた理由があったのです。これはやるかもしれませんぞ!!

 まさに日本球界の話題がロサリオ一色になっています。宜野座のグラウンドで日々、炸裂(さくれつ)する大きな放物線。11日に行われたDeNAとの練習試合では相手先発の飯塚から初球を左中間に放り込む本塁打。さらに13日の紅白戦でも秋山から同じ所にブチ込みました。連日のフリー打撃では左翼後方に張られた防球ネット越えのアーチを放ち、後方の道路を通行中の車にあわや直撃、というシーンも…。慌てた球団側はロサリオのフリー打撃中は道路の通行を禁止しましたね。

 打撃ケージ裏で見守る金本監督ら首脳陣は惚れ惚れする放物線に目を見張り、「ちょっと(これまでの助っ人とは)違うな」という片岡ヘッド兼打撃コーチの言葉が心境を表しているでしょう。大砲襲来の情報は宜野座から日本球界に発信されています。

【続きを読む】

  • 17日、打撃練習で持ち前のパワーを発揮したロサリオ。ケージ裏で坂井オーナー(奥左)と金本監督がその放物線に惚れ惚れとした表情で見つめた
  • 春季キャンプでは守備練習にも熱心に取り組んでいるロサリオ
  • 11日のDeNA戦で本塁打を放ったロサリオを笑顔で出迎えた金本監督
  • 1985年、阪神を日本一に導いたランディ・バース
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】阪神・ロサリオの超ハイペース調整に隠された2つの危機管理 バース級活躍なら日本一見える!