2018.2.14 05:00(1/2ページ)

【虎のソナタ】来社の寛平「パンも盛り上げまっせ」

【虎のソナタ】

来社の寛平「パンも盛り上げまっせ」

特集:
虎のソナタ
難波の産経新聞大阪本社で“合体”したフジパンの坂田賢治マーケティング部長(左)と間寛平

難波の産経新聞大阪本社で“合体”したフジパンの坂田賢治マーケティング部長(左)と間寛平【拡大】

 キャンプ取材のスケジュール表をみていたら、ちょっと懐かしい名前が出ていたので「オッ、元気にしてるのか?」と電話をしてみた。

 相撲担当の新里公章だ。昨年までは阪神担当で、掛布雅之2軍監督(当時、現阪神SEA)にピタリとはりつき、とても可愛がっていただいたヤツだ。

 それが、わがサンスポのスクランブル取材でこの日も宜野座にいるのか…となって、それで思わず電話をしてみた。

 すると…。「シーッ! 今、目の前で金本監督がD4位の島田海吏外野手をつかまえて、だんだん指導に熱が入ってきたところなんですョ」。ロングティーをしている最中に金本監督の目にとまって「おい島田…」となったらしい。さぁそこから手取り足取り、ああでもない、こうでもない…と監督が止まらなくなったそうだ。新里は昨年は掛布さんのこういう熱血指導をみてきているから、島田をつかまえた金本監督にも何か熱いものを感じたのだ。「こういう光景も今年の阪神なんですね」と延々と続くマンツーマンの光景を生々しく伝えてきた。

 サブキャップ小松真也は「ロサリオ選手に韓国のテレビ局が取材に来ました。しかも韓国人気No.1の女性アナまで動員して…。聞くと『彼は韓国時代も人気があった』そうで、今は韓国は平昌五輪で猫の手も借りたいぐらい忙しいハズでしょ。それが韓国人選手でもないのにわざわざ沖縄まで“取材”にくるぐらいですから…ロサリオはかなり韓国ファンにも愛されたんでしょうね」と、うれしい報告である。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【虎のソナタ】来社の寛平「パンも盛り上げまっせ」