2018.2.12 05:00

【記者の目】“歴史的停滞”FA市場の目玉決着も…イチロー&上原はしばらく辛抱必要

【記者の目】

“歴史的停滞”FA市場の目玉決着も…イチロー&上原はしばらく辛抱必要

特集:
上原浩治
イチロー
キャンプイン直前に大型契約でカブスと合意したダルビッシュ

キャンプイン直前に大型契約でカブスと合意したダルビッシュ【拡大】

 今回のFA市場で最大の関心事だったダルビッシュ。カブスと合意し、今後は他の大物FA選手にも動きがあると予想される。

 しかし、同じくFAのイチロー外野手(44)や上原浩治投手(42)の移籍先決定までは、しばらく待たなければならないだろう。

 ここからFA市場が活性化するのは、あくまで主力や主軸として活躍を期待される選手たち。イチローや上原のようなベテランは、あくまで控え選手の扱いだ。

 大物FA選手たちの新チームが決まり、メジャー30球団が今季の戦力整備を完了した時点で「まだもう少し足りない」という補強ポイントが見つかれば、獲得を検討するだろう。

 イチロー、上原には十分な実績があり、ある程度の結果は残してくれると各球団は理解している。2人がメジャー残留を最優先とするならば、オープン戦期間中の3月中旬に入っても、待ち続ける辛抱が必要だろう。(大リーグ担当・山田結軌)

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 【記者の目】“歴史的停滞”FA市場の目玉決着も…イチロー&上原はしばらく辛抱必要