2018.2.12 18:15

右足首骨折の広島・鈴木、久々に生きた球打つ「打席に立てたのが良かった」

右足首骨折の広島・鈴木、久々に生きた球打つ「打席に立てたのが良かった」

 広島春季キャンプ(12日、宮崎・日南)昨年8月に右足首を骨折した鈴木がランチタイムに特打を行い、負傷後初めて現役投手の生きた球を打った。昨季12勝を挙げた岡田から豪快な柵越えも放ち「打席に立てたのが良かった。こんなに早く投手相手に立てると思わなかった」とうなずいた。

 気温が低いこともあり「パーセンテージでは40パーセント。まだまだ時間がかかる」と慎重な姿勢を崩さない。それでも「(この日は状態が)悪い中でも、こういう動きができているのはプラスなんじゃないか」と確かな収穫を口にした。

キャンプ日程へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. 右足首骨折の広島・鈴木、久々に生きた球打つ「打席に立てたのが良かった」