2018.2.11 18:00(1/5ページ)

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】藤浪を最後に救うのは藤川と甲子園―今季初登板は4月13日からのヤクルト3連戦が理想か

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】

藤浪を最後に救うのは藤川と甲子園―今季初登板は4月13日からのヤクルト3連戦が理想か

特集:
「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記
7日の紅白戦で2回2失点だった藤浪。金本阪神の投手陣のキーマンだ

7日の紅白戦で2回2失点だった藤浪。金本阪神の投手陣のキーマンだ【拡大】

 藤浪復活の最後の鍵は藤川球児と甲子園球場が握っている、と言うのです-。阪神は沖縄の「かりゆしホテルズボールパーク宜野座」で春季キャンプ中ですが、投手陣の注目点は2年連続で不振の藤浪晋太郎投手(23)が復活するかどうか…です。7日の紅白戦では紅組の2番手で登板し、2回4安打2失点。ステップの幅を縮めた新フォームを披露しましたが先行きは不鮮明でした。復活が渇望される右腕に阪神OBは「最後は球児と甲子園が晋太郎を救ってくれる」と話しました。どういうことでしょう-。

 極寒の日本列島ですが、やはり沖縄は違います。太陽が顔をのぞかせると気温は15度を軽く超えていきます。じっとしていても、うっすらと汗が出てくる暖かさですね。金本阪神は、宜野座のグラウンドで40人の1軍キャンプ参加メンバーが泥と汗にまみれて3月30日の開幕・巨人戦(東京D)から始まるシーズンに向けて激しく鍛えています。

 投打に注目ポイントは多いのですが、なかでも投手陣で最大の注目点は藤浪の状態に尽きるでしょう。2013年のルーキーイヤーは24試合に登板し、10勝6敗、防御率2・75をマーク。その後も14年が25試合に登板、11勝8敗で防御率3・53、15年は28試合に登板し、14勝7敗、防御率2・40と順調に勝ち星を積み上げてきました。ところが、16年に7勝10敗とつまずくや、昨季はわずか11試合に登板しただけで3勝5敗、防御率4・12でした。まさに急降下ですね。

【続きを読む】

  • 7日の紅白戦で四回、糸原に安打を浴びた藤浪。昨季からの不安な状態を払拭したかったが…
  • 10日にブルペンで投球した藤川(左)は原口と話し合い。今後は藤浪復活のキーマンになる?
  • 甲子園なら大声援が藤浪を後押しする
  • 藤浪が本来の投球を取り戻せればV確率は急上昇する!
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】藤浪を最後に救うのは藤川と甲子園―今季初登板は4月13日からのヤクルト3連戦が理想か