2018.2.9 08:00

【上田二朗 サブマリン斬り】阪神、今季に限れば梅野を主戦捕手に

【上田二朗 サブマリン斬り】

阪神、今季に限れば梅野を主戦捕手に

特集:
上田二朗 サブマリン斬り
梅野隆太郎
阪神・梅野

阪神・梅野【拡大】

 阪神春季キャンプ(8日、沖縄・宜野座)投手出身で投手コーチも務めた自身の経験上、捕手はひとりに絞ってシーズンを戦った方がいい。ベンチや投手陣との信頼感がある中でリードをさせた方が、試合の結果をみんなが受け入れやすい。よく投手との相性で捕手を決めた方が…なんて声も聞くが結果が出れば自然と投手と捕手は相性が良くなるものだ。

 そんな視点で現在の捕手陣を見るとき、やはり正妻は梅野だろう。長打力のある打撃もいいし、キャッチングもスローイングも向上している。今年から選手会長に就任していて、個人主義ではなくチーム全体を常に考える立場にもなった。坂本の成長も認めるが、今季に限って言えば梅野に主戦捕手を任せて結果を問うべきではないか。

 ただし、梅野正妻論の大前提が崩れた場合はシーズン途中に軌道修正せざるを得ない。その大前提とは打撃だ。昨季のような打率(・206)では梅野を使う魅力が半減する。打率が2割5分くらいなら合格点。梅野にはベストナインやゴールデングラブ賞を獲るぐらいの意気込みで今季に臨んで欲しい。それが出来るだけの能力を秘めていると見ている。(サンケイスポーツ専属評論家)

キャンプ日程へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【上田二朗 サブマリン斬り】阪神、今季に限れば梅野を主戦捕手に