2018.2.5 18:44

帝京大に神戸国際大付のエース岡野らが入寮、18畳に2人部屋

帝京大に神戸国際大付のエース岡野らが入寮、18畳に2人部屋

帝京大で初練習した岡野佑大投手は、春の首都リーグデビューを目指す(撮影・赤堀宏幸)

帝京大で初練習した岡野佑大投手は、春の首都リーグデビューを目指す(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 昨春の首都大学野球リーグ優勝校・帝京大の合宿所(神奈川・相模原市緑区)に5日、昨春夏甲子園出場の神戸国際大付のエース右腕・岡野佑大投手らが入寮した。

 2面のグラウンドと室内練習場が整い、さらに地下1階地上5階建ての寮にも室内練習場とウエートルームがあり、18畳に基本は2人部屋という環境に岡野を目を丸くし、「一度お世話になると決めたら、優勝するために1年の春からがんばっていきたい」と目を輝かせた。

 最速145キロ右腕の希望の背番号は、阪神に進んだ先輩、青柳晃洋投手がつけていた『17』とし、4年間で最速150キロを超え、直球で三振の取れる投手を目指していく。

 5度目のリーグ戦優勝へ向かう唐沢良一監督は「1年生を含め総部員数は73人で、岡野を始め、春のリーグ戦で1年生が3人はメンバーに入ってくれるのではないかと思う。青柳や西村(天裕投手、日本ハム2位)のように成長してくれたら、と思う」と期待を膨らませた。

  • 帝京大合宿所は、基本1室18畳に2人部屋=相模原市(撮影・赤堀宏幸)
  • 帝京大合宿所の地下1階には、ティーやキャッチボールができる室内練習場がある=相模原市(撮影・赤堀宏幸)
  • 帝京大合宿所は、基本1室18畳に2人部屋=相模原市(撮影・赤堀宏幸)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 帝京大に神戸国際大付のエース岡野らが入寮、18畳に2人部屋