2018.2.2 17:26

高校日本代表の古賀が中大で初練習「1年生から試合でマスクをかぶりたい」/東都

高校日本代表の古賀が中大で初練習「1年生から試合でマスクをかぶりたい」/東都

中大に進学する古賀悠斗(福岡大大濠)は練習後に寮の前で前回リーグ優勝のパネルを目に焼きつけた(撮影・赤堀宏幸)

中大に進学する古賀悠斗(福岡大大濠)は練習後に寮の前で前回リーグ優勝のパネルを目に焼きつけた(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 昨夏の野球U-18W杯に出場した高校日本代表の古賀悠斗捕手(福岡大大濠)が2日、進学する中大(東都)で初練習を終えた。1日に入寮し、この日はダッシュやスイングなどで約2時間汗を流した。

 同じ日本代表だった清宮幸太郎内野手(早実)は日本ハム1位、安田尚憲内野手(履正社)はロッテ1位でプロへの道を進んだ。古賀は「清宮や安田の体や打球の飛びが違うと思ったので、自分は一段階ステップを踏んでいいと思った。大学の4年間をプロへいくための大事な時間にしたいと思う。1年生から、試合でマスクをかぶりたい」と進学の理由を説明し、貪欲な姿勢も見せた。

 同高のエース・三浦銀二投手は法大(東京六大学)に進んだが、「対戦はなかなかできないと思うけど、今度は大学日本代表でバッテリーを組めるようにがんばりたい」とも話した。

  • 古賀は練習後に寮の前で笑顔(撮影・赤堀宏幸)
  • 寮の前で笑顔の古賀
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 高校日本代表の古賀が中大で初練習「1年生から試合でマスクをかぶりたい」/東都