2018.1.29 05:04(3/4ページ)

俺は闘牛!阪神・新助っ人ロサリオ来たァ~「本塁打は一番大事」

俺は闘牛!阪神・新助っ人ロサリオ来たァ~「本塁打は一番大事」

闘牛

闘牛【拡大】

 「打率、打点で貢献することも大事ですが、中でも、本塁打は一番大事。本塁打は打てば、確実に点が入るので、そこは大事にしたい」

 まずは4番&30発以上を期待されるバットで活躍を誓うと、金本監督が求める走塁への意識についても「いつでも走りたい。足にも自信は持っている」と力強い。

 母国ドミニカ共和国では毎日3、4時間の自主トレを敢行。現在の体重は103~105キロだが「ちょっと少なめ」という。韓国ハンファに所属した昨季は105キロで10盗塁と、まさに闘牛だ。基本は一塁ながら“第3捕手”での起用についても「チームの優勝につながるなら」と走攻守で貢献する決意を示した。

 1年目としては球団助っ人史上最高額の年俸3億4000万円。同席した谷本副社長が「タイガースの新しい歴史に名前を残す選手だと思っている」と期待すれば、ロサリオも「阪神から、チームを助けてくれと言われた。昨年2位だったので今年は1位に導けるように仕事をまっとうしたい」と宣言。韓国球界では2年連続で打率3割、30本、100打点。待望の大砲が闘牛となって、13年ぶりの優勝へ導く。 (竹村岳)

【続きを読む】

  • 記念撮影で笑顔のロサリオ。グラウンドでは闘牛のように暴れる!(撮影・山田喜貴)
  • 関西空港に到着したロサリオ。会見へ向け、スーツに着替えました
  • 28日、入団会見を終えバットを手に記念撮影に応じたウィリン・ロサリオ=兵庫・西宮市の阪神球団事務所(撮影・山田喜貴)
  • 阪神の谷本球団本部長(左)とともに入団会見に臨んだロサリオ。今季のキーマンだ
  • 入団会見で笑みがこぼれたロサリオ。キャンプで前評判通りの打撃を見せるなら、阪神に待望の4番が出現となる
  • 入団会見を終えバットを手に記念撮影に応じる阪神・ロサリオ=阪神球団事務所(撮影・山田喜貴)
  • 入団会見を終え谷本修球団本部長と共に記念撮影に応じる阪神・ロサリオ=阪神球団事務所(撮影・山田喜貴)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 俺は闘牛!阪神・新助っ人ロサリオ来たァ~「本塁打は一番大事」