2018.1.28 18:00(1/5ページ)

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】4番候補・ロサリオに“フィルダー伝説”再現を! キャンプでは桑原や青柳との対決が試金石

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】

4番候補・ロサリオに“フィルダー伝説”再現を! キャンプでは桑原や青柳との対決が試金石

特集:
「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記
28日、入団会見を終えバットを手に記念撮影に応じたウィリン・ロサリオ=兵庫・西宮市の阪神球団事務所(撮影・山田喜貴)

28日、入団会見を終えバットを手に記念撮影に応じたウィリン・ロサリオ=兵庫・西宮市の阪神球団事務所(撮影・山田喜貴)【拡大】

 ロサリオに“フィルダー伝説”の再現を-。阪神の新外国人ウィリン・ロサリオ内野手(28)に対して金本監督は沖縄・宜野座春季キャンプで特別待遇を行わないことを明言しましたが、もっと日本流を覚え、予習する最善手があります。桑原や青柳ら右のサイドハンド投手とより多く、対決させるのです。1989年に阪神入団したセシル・フィルダーは春季キャンプで右のサイドハンド御子柴にキリキリ舞い。ステイバックを訓練した結果が38本塁打。翌年からメジャーで2年連続キングを獲得する“大化け”につながったのです。フィルダーの足跡がロサリオを成功に導くはずです。

 いよいよ春季キャンプのスタートまで秒読み段階になりました。3年目を迎える金本阪神も1軍が沖縄・宜野座、2軍が高知・安芸に分かれて約1カ月間の厳しいキャンプに突入します。春季キャンプの投打の注目ポイントはハッキリしています。投手では2年連続の成績不振だった藤浪が復活するのか。打者では4番を期待する新外国人ウィリン・ロサリオが期待通りの選手なのか。

 「今年のウチは、もうハッキリしていると思う。投手では藤浪が先発ローテを守れるのかどうか。打者ではロサリオが本物かどうか。2人が期待通りなら優勝争いは必ずするだろうし、13年ぶりの優勝も近づいてくる。それが逆なら優勝争いどころか、下位低迷の心配もある。春季キャンプでの2人の状況を見ればウチの今季はだいたい見通しが立つのではないか」

 これが球団関係者の言葉です。まさにその通りでしょうね。

【続きを読む】

  • 阪神の谷本球団本部長(左)とともに入団会見に臨んだロサリオ。今季のキーマンだ
  • 1989年に阪神の助っ人として活躍したフィルダー
  • フィルダーは日本野球に適応するため開幕前、打撃改造に取り組んだ
  • 入団会見で笑みがこぼれたロサリオ。キャンプで前評判通りの打撃を見せるなら、阪神に待望の4番が出現となる
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】4番候補・ロサリオに“フィルダー伝説”再現を! キャンプでは桑原や青柳との対決が試金石