2018.1.27 10:01

“最強世代”で臨む強打の聖光学院、日本一宣言!/東北スポーツ

“最強世代”で臨む強打の聖光学院、日本一宣言!/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ
5年ぶり5度目のセンバツ出場を決めた聖光学院。東北王者が初の全国制覇を狙う (撮影・葉山理)

5年ぶり5度目のセンバツ出場を決めた聖光学院。東北王者が初の全国制覇を狙う (撮影・葉山理)【拡大】

 3月23日に兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する、第90回選抜高校野球大会の出場36校が26日に決まり、一般枠で東北地区からは、聖光学院(福島)などが選ばれた。

 雪が降りしきるグラウンドに吉報が届き、聖光学院の選手たちは一斉に帽子を投げて喜んだ。

 「やっと実感が湧いた。いい状態でセンバツに臨みたい」

 5年ぶり5度目のセンバツ出場。主将の矢吹栄希内野手(2年)は、すぐに甲子園での戦いを見据えた。

 昨秋の東北大会では4試合で44得点6失点。圧倒的な強さで初優勝した。“最強世代”と呼ばれる現チームをまとめるのが矢吹だ。1年秋から二塁のレギュラーとして活躍。昨夏の甲子園に2年生で唯一出場した、プロ注目の左の好打者だ。

 現チームでは3番を打ち、4番五味卓馬外野手、5番須田優真内野手(ともに2年)とクリーンアップを形成。打ち出したら止まらない打線は全国屈指のレベルで、斎藤智也監督(54)も「“強打のチーム”で春を迎えたい」と自信を見せた。

 夏の甲子園には11年連続出場中。福島県内では無敵を誇る名門も、甲子園では8強の壁を破れずにいる。「出るからには優勝を目指す。日本一になって、福島に戻ってきたい」と矢吹。力強く“白河越え”を宣言した。 (葉山理)

聖光学院(せいこうがくいん)

 1962(昭和37)年に聖光学院工業高等学校として創立し、77年から現校名。普通科、工業系学科(機械科、電気科、情報電子科)からなる私立共学校。野球部創部は63年。甲子園出場は春5度目、夏14度。主なOBは横山貴明、八百板卓丸(ともに楽天)、歳内宏明(阪神)、園部聡(オリックス)。所在地は福島県伊達市六角3。新井秀校長。

センバツ出場校へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. “最強世代”で臨む強打の聖光学院、日本一宣言!/東北スポーツ