2018.1.26 11:30(1/2ページ)

【乾坤一筆】野球の楽しさや続けられる環境作り大切

【乾坤一筆】

野球の楽しさや続けられる環境作り大切

特集:
ベテラン記者コラム・乾坤一筆

 26日、センバツに出場する36校が決まる。2017年度の日本高野連登録校の数は3989。90回記念大会で4校増えて、単純に出場できる確率は110・8校分の1。125・4校分の1の昨年よりも広き門になる。100回目を迎える今夏は71・2校分の1と、さらに広くなる傾向だという。甲子園を目指す選手には「歓迎」でも、野球界全体では単純に喜べる話ではない。

 12日から3日間行われた野球指導者講習会で、講師から、「野球人口は少子化のペースの7倍のペースで減少している」というデータ分析がされ、「野球を子供たちに返そう」という提言まで出されていた。野球人口の維持・増加対策として、ティーにボールを置いた所から始めるティーボールの授業への導入促進や、高校、大学、社会人、プロなど多くのチーム主催の野球教室を開いている例が紹介された。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 野球その他
  4. 【乾坤一筆】野球の楽しさや続けられる環境作り大切