2018.1.21 05:07(3/3ページ)

42歳の上原、メジャー契約なければ引退「マイナーだったらもう辞めます」

42歳の上原、メジャー契約なければ引退「マイナーだったらもう辞めます」

特集:
上原浩治
6回目となった被災地での野球教室で、キャッチボールのフォームを指導する上原=福島市

6回目となった被災地での野球教室で、キャッチボールのフォームを指導する上原=福島市【拡大】

 「今年のメジャー契約があって、いい成績を収めれば(来年の現役続行も)考えるけど、今はとりあえず今年1年しか考えていない」

 現在は東京都内で自主トレを継続して、日米通算20年目のシーズンに備えている。メジャーで10年プレーすれば大リーグ年金が満額となる。62歳からの受給開始を希望した場合、年間21万ドル(約2300万円)を受け取れる。

 金銭面以上に10年間のプレー期間を全うすることは、メジャーリーガーにとっては憧れで、大きな敬意を受けるステータスとなる。上原は完全燃焼するため、「あと1年」にこだわる。

上原 浩治(うえはら・こうじ)

 1975年4月3日、大阪府生まれ。42歳。東海大仰星高から大体大を経て、1999年ドラフト1位で巨人に入団。新人ながら20勝をマークして最多勝に輝くとともに新人王、沢村賞も獲得。2度の日本一に貢献した。2009年にFAで米大リーグ、オリオールズへ移籍。その後レンジャーズ、レッドソックス、カブスと4球団を渡り、レッドソックスでは13年にリーグ優勝決定シリーズでMVPに輝き、ワールドシリーズを制した。1メートル86、85キロ。右投げ右打ち。

  • 上原は子供たちにジェスチャーを交えながら、熱心に指導した(撮影・内田優作)
  • 上原浩治の年度別登板成績
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 42歳の上原、メジャー契約なければ引退「マイナーだったらもう辞めます」