2018.1.18 15:08

大谷が通算600発男プホルスを「DH」からどける!? エ軍オーナーが二刀流プランを示唆

大谷が通算600発男プホルスを「DH」からどける!? エ軍オーナーが二刀流プランを示唆

特集:
大谷翔平
エンゼルス・大谷

エンゼルス・大谷【拡大】

 米大リーグ公式サイトは17日(日本時間18日)までに米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(23)に関する記事を掲載。大谷が打者としてDH(指名打者)で出場する際に、エ軍で昨季まで主にDHで出場していたアルバート・プホルス(38)内野手を一塁で起用するプランがあること報じた。

 同サイトでは「プホルスは大谷のために席を譲る準備をしている」と題して記事を掲載。記事ではエンゼルスのアルテ・モレノオーナーの「アルバート(プホルス)はいま打撃練習中だ。それに内野守備の練習もしている」という言葉を紹介し、来季は大谷が野手で出場する時のためにDHを明け渡す準備があることを紹介した。

 プホルスは米大リーグ17年間で通算2968安打、614本塁打を誇り、首位打者1回、本塁打王2回、打点王1回を獲得した大リーグを代表するスラッガー。記事でも「足の故障によって守備的な役割は制限されている」と指摘されているように、38歳という年齢と守備面での不安から主にDHで出場している。しかし、大谷を野手として出場させるのであれば、守備負担のないDHで起用するのがベター。モレノオーナーによれば「コーチがプホルスに守備練習を課していて『彼は力強い動きを見せている』と話していた」と、準備が進んでいる様子。最後にモレノオーナーは「まだアルバート(プホルス)がプレーするのを見ないうちはどうなるかわからない。それでも40試合から50試合、彼を守備につかせることができれば、大谷が打席に立つ機会も多くなる」と見通しを語った。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 大谷が通算600発男プホルスを「DH」からどける!? エ軍オーナーが二刀流プランを示唆