2018.1.4 05:02(3/4ページ)

阪神D3・熊谷、青木打法で左打席マスター「テニスラケットで打つ感覚」

阪神D3・熊谷、青木打法で左打席マスター「テニスラケットで打つ感覚」

自主トレを終え、2018年の目標を書いた色紙を手にする阪神ドラフト1位の馬場(右)と3位の熊谷=仙台市

自主トレを終え、2018年の目標を書いた色紙を手にする阪神ドラフト1位の馬場(右)と3位の熊谷=仙台市【拡大】

 青木はボールを“面でとらえる”ことを意識しており、その感覚をよくテニスのラケットにたとえて語っている。上から叩くというより、ラケットで打つように、水平に線でとらえる-。

 「やっとティー(打撃)は当たるようになってきましたが、前からくるボールは当たらないです。感覚が難しい」と、まだ手応えはつかめていないが「かっとばすというよりも当てて落とすイメージ」と青木の打撃論を吸収しようと必死だ。

 「いろいろなことに挑戦したい。内野のレギュラー争いに、自分の名前が少しでも入るようにがんばりたいです」

 50メートル5秒8の俊足は、金本監督がD4位・島田海吏外野手(上武大)とともに「代走枠」での1軍入りを検討するほど。遊撃の守備力は大学No.1の呼び声が高い。後は課題の打力が上がれば…。糸原、北條らとの遊撃争いの台風の目となる。

【続きを読む】

  • 雪を踏みしめ、ダッシュする熊谷(手前)と馬場
  • 日米通算2000安打を達成したヒットマン青木
  • 自主トレを公開した阪神ドラフト1位の馬場(左)と3位の熊谷=3日、仙台市
  • 自主トレを公開した阪神・馬場、熊谷=仙台市宮城野区(撮影・甘利慈)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神D3・熊谷、青木打法で左打席マスター「テニスラケットで打つ感覚」