2018.1.4 05:03(4/4ページ)

【新春単独インタビュー】日本ハム・斎藤佑樹、危機感持ってる30歳シーズン

【新春単独インタビュー】

日本ハム・斎藤佑樹、危機感持ってる30歳シーズン

特集:
清宮幸太郎
日本ハム・斎藤佑樹

日本ハム・斎藤佑樹【拡大】

 --今季の目標は

 「昨季チームが勝てなかったのは、少なからず自分の責任でもある。毎回言っているけど、チームが優勝して、輪の中心に自分がいること。それが一番です」

 千葉・鎌ケ谷市の2軍施設での自主トレのほか、東京都内のジムに通っている。「下半身中心ですね。おととし11月から通うトータルワークアウトは『ここがジムか!』ってくらい施設がかっこいい。(トレーナーの)ケビン(山崎)さんは厳しい。でも、そうじゃないとこの時期、1人でやっても追い込めないからね」と斎藤。この後は暖かいグアムで自主トレを行うなどして、キャンプインに備える。

斎藤 佑樹(さいとう・ゆうき)

 1988(昭和63)年6月6日生まれ、29歳。群馬県出身。早実高で3年春から2季連続で甲子園出場。夏には決勝で駒大苫小牧高の田中(現ヤンキース)と投げ合い、再試合の末に勝利し優勝。早大に進学し、4年秋に東京六大学史上6人目となる通算30勝&300奪三振を達成。4球団競合の末に2011年ドラフト1位で日本ハム入団。12年には開幕投手を務め、自身初の完投勝利を挙げた。1メートル76、76キロ。右投げ右打ち。独身。年俸1830万円。背番号1。

  • 斎藤が30歳になるシーズンへの決意を語った
  • 斎藤佑樹の年度別成績
  • 早稲田実業時代の斎藤佑樹
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 【新春単独インタビュー】日本ハム・斎藤佑樹、危機感持ってる30歳シーズン