2018.1.3 05:02

燕・川端、『一』から始める復活道!餅まき行事に妹・友紀と参加

燕・川端、『一』から始める復活道!餅まき行事に妹・友紀と参加

餅まき行事に参加したヤクルト・川端慎吾(左)と妹の友紀

餅まき行事に参加したヤクルト・川端慎吾(左)と妹の友紀【拡大】

 ヤクルト・川端慎吾内野手(30)が2日、大阪・貝塚市の龍谷山水間(みずま)寺で餅まき行事に参加。今季への決意を示す一文字として『一』を掲げた。

 「もう一回、『一』からのスタートだと思っている。レギュラーを取ることだけを考えていく」

 2015年の首位打者も、昨季は2月に椎間板ヘルニアを発症。8月下旬に手術を受け、プロ12年目で初めて1軍出場なしに終わった。復活を目指し、年末年始もジムに通う。この日午前には父・末吉さん(64)とキャッチボールをして、初心を思い起こした。

 水間寺での餅まきは8年目。餅3660個を女子プロ野球、埼玉アストライア所属の妹・友紀(28)らと投げ終えた川端は「ここに来ると力がわく」と、決意を新たにしていた。 (横山尚杜)

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. 燕・川端、『一』から始める復活道!餅まき行事に妹・友紀と参加