2017.12.30 12:00(1/3ページ)

【土井麻由実のSMILE TIGERS】榎田投手が頭突っ込む悪癖解消! 来季は1軍で「便利使いしてもらえれば」

【土井麻由実のSMILE TIGERS】

榎田投手が頭突っ込む悪癖解消! 来季は1軍で「便利使いしてもらえれば」

特集:
土井麻由実のSMILE TIGERS
11月20日、契約更改交渉を終えた後の榎田投手。今季は悔しいシーズンだった

11月20日、契約更改交渉を終えた後の榎田投手。今季は悔しいシーズンだった【拡大】

 2017年ラストのSMILE TIGERSは榎田大樹投手の登場! 今季は悔しいシーズンだった。ずっと調子はよかったが、中継ぎ左腕の高橋投手も岩崎投手も好調で、なかなか昇格のチャンスに恵まれなかった。

 ファームで我慢のときを過ごし、ようやく9月1日に1軍登録されると、3試合に登板して防御率1.42という成績で終えた。同7日の広島戦は圧巻だった。2点ビハインドの六回からいきなりのロングリリーフ。強力カープ打線の主軸を完璧に抑え、3回を無失点だった。「もう今年は1軍で投げる機会ないと思ってたんで、投げられたのはよかった」と振り返る。

 ただ、準備の仕方は難しかったそうだ。今季、ファームでは先発が多かった。榎田投手にとって「中継ぎで短いイニングを投げていて急にロングで球数投げるのは苦じゃない。でも先発で準備してての中継ぎでロングというのは難しかった。感覚というのがある」と苦心したそうだ。それでも見事に対応した。

 ことしの春季キャンプは安芸スタートだった。「寒いし、練習はきついけど、ある意味、楽。やりたいことが自分のペースでできる」と逆にプラスに考えて汗を流した。追い求めたのは「まっすぐ」の威力や精度だった。そのためにフォームを再考する中で、自身の体の特徴に気づいた。

 「僕“かかと重心”なんです」。それを意識して、軸足で立ってからの右足の出し方を変えた。これまでは「上げた右足を降ろしながらまっすぐ踏み出したほうがタメができると思っていたけど、そうじゃなかった。そうすると頭が出て、上半身で投げてしまう」。頭が突っ込んでしまうのは、これまで直そうと腐心してきた自身の悪い癖だ。

【続きを読む】

  • 2017年、フォーム修正を図った榎田投手。来季が楽しみ
  • 来季はカットボールとシュートを武器にする
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【土井麻由実のSMILE TIGERS】榎田投手が頭突っ込む悪癖解消! 来季は1軍で「便利使いしてもらえれば」