2017.12.26 05:03(2/4ページ)

阪神・桑原“公園デビュー”!鳴尾浜閉鎖で…仰天自主トレ・プラン明かす

阪神・桑原“公園デビュー”!鳴尾浜閉鎖で…仰天自主トレ・プラン明かす

公園でキャッチボール…といってもちゃんと硬球可、周囲の安全は第一に考えます!

公園でキャッチボール…といってもちゃんと硬球可、周囲の安全は第一に考えます!【拡大】

 セ・リーグの最優秀中継ぎ右腕が、フツ~の公園でキャッチボール!?

 らしいといえば、いかにも桑原らしい。寒空のクリスマス。年内の鳴尾浜での自主トレを打ち上げた桑原が、自身初体験、仰天の公園自主トレ・プランを明かした。

 「キャッチボールができる場所を探して、やりますよ。公園でやったこと? ないですね」

 秋季キャンプの期間から、ほぼ無休で鳴尾浜で自主トレを続けてきた。しかし施設は、25日で閉鎖。26日以降の練習場所に頭を悩ませていた。とにかく投げたい。キャッチボールを続けたい。そこで、一緒にトレーニングをしてきた若手の横山、島本らを「(一緒に)やろうか」と相手に指名。話し合って“公園デビュー”を決めた。

 もちろん、硬球でキャッチボールができる公園を探し、周囲の安全を第一に。現在は兵庫県内で候補地をピックアップしているという。

【続きを読む】

  • 鳴尾浜での練習を打ち上げた桑原。26日からは“公園デビュー”だ(撮影・山田喜貴)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・桑原“公園デビュー”!鳴尾浜閉鎖で…仰天自主トレ・プラン明かす