2017.12.26 05:00

【絆トーク】初の減俸も晴れやかだった燕・山田の表情

【絆トーク】

初の減俸も晴れやかだった燕・山田の表情

特集:
山田哲人
ヤクルト・山田

ヤクルト・山田【拡大】

 初めての減棒にも、晴れやかな表情だった。ヤクルト・山田哲人内野手(25)が、7000万円減の2億8000万円プラス出来高払いで契約を更改。今季はチームで唯一のフルイニング出場を果たすも、打率.247、24本塁打、14盗塁で3年連続トリプルスリー達成はならなかった。

 印象に残ったのは「今年は2、3試合しか緊張しなかった。ただ単に野球をやっていた」という言葉。期待がかかるも戦力が整わず、モチベーションを保つのも難しかったのだろう。だが、「やる気に満ちあふれています」と気持ちは切り替えている。3度目の偉業達成を現実のものとしてほしい。 (ヤクルト担当・赤尾裕希)

契約更改へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. 【絆トーク】初の減俸も晴れやかだった燕・山田の表情