2017.12.23 10:00(2/3ページ)

【帰ってきた!ダンカンが訪ねる 昭和の侍】古沢憲司さん 家出中に阪神スカウトとのキャッチボールで幸せつかむ

【帰ってきた!ダンカンが訪ねる 昭和の侍】

古沢憲司さん 家出中に阪神スカウトとのキャッチボールで幸せつかむ

特集:
ダンカン 虎の通信簿
甲子園で完投勝利をあげ、田淵捕手(左)に祝福される阪神時代の古沢さん

甲子園で完投勝利をあげ、田淵捕手(左)に祝福される阪神時代の古沢さん【拡大】

 --そりゃ、性格も変わりますね! でも、その苦労もあってメジャーで活躍したソリアーノや現在、広島で注目されるバティスタやメヒアが育ったんですよね?

 「けど、しんどいよ。僕は2000年から、ず~っとドミニカに行ってるけど、日本の家族と過ごせるのは年に2カ月だからね」

 --ところで、野球界長いですよね?

 「そうやね。幸せな人生や! 15歳の終わりかな…。勉強嫌いで高校が嫌で家出しとったら、阪神の沢スカウトが宿泊している旅館に来いっていうんで行ってキャッチボールしたら、ハイ、プロ入り決定!」

 --えーっ!?

 「ビックリだよ。勉強しないで野球でお金くれるってんだから! 小さい頃、右手を骨折して曲がったままだからストレートが自然にカット系になり、それが武器になってね」

 --阪神時代、頼りになりました!!

 「それが1978年のオフに僕と田淵(幸一)と江本(孟紀)でゴルフして『来年は頑張ろう!』と誓い合ったとたんに僕と田淵が西武にトレードだって! まいったねアハハハ…」

【続きを読む】

  • すっかり丸くなった古沢さん(右)。終始笑顔でした
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 【帰ってきた!ダンカンが訪ねる 昭和の侍】古沢憲司さん 家出中に阪神スカウトとのキャッチボールで幸せつかむ