2017.12.21 15:18

巨人・田原、900万円減の3600万円で更改 登板準備の方法の把握を要望

巨人・田原、900万円減の3600万円で更改 登板準備の方法の把握を要望

 巨人・田原誠次投手(28)が21日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉し、900万円減の年俸3600万円でサインした。

 「今年はけがから始まったので、真摯(しんし)に受け止めてまた来年頑張っていこうと思いました」

 今季は中継ぎの軸として期待されたが、オープン戦で結果を残せず開幕直前に2軍降格。前半は1軍と2軍を行き来していたが、8月以降は1軍に定着。シーズン通算では27試合に登板し、1勝1敗、防御率2・89だった。

 交渉の席では球団側へ、ブルペンでの選手個人にあった登板準備の方法の把握などを要望した。昨季は全143試合中、128試合で肩を作るなど中継ぎ経験豊富で、先発から転向した投手や若手から肩を作るタイミングなどを相談されることも多い。「万全な状態でマウンドに上がりたい。優勝するためにはそういうところも必要なのかなと思ったので」と意見を述べた。

 オフは例年通り、社会人時代に過ごした岡山・倉敷で日本ハム・公文、阪神・守屋、広島・藤井らと合同自主トレを行う。来季へ向け「60試合以上登板」を目標に掲げ、フル回転を誓った。(金額は推定)

契約更改へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 巨人・田原、900万円減の3600万円で更改 登板準備の方法の把握を要望