2017.12.16 14:35

「大谷は世紀のお買い得選手」 米記者がエンゼルスに移籍市場で最高評価

「大谷は世紀のお買い得選手」 米記者がエンゼルスに移籍市場で最高評価

日本ハム・大谷

日本ハム・大谷【拡大】

 情報の確度の高さで知られる米スポーツサイト「ファンラグスポーツ」所属のジョン・ヘイマン記者が15日(日本時間16日)、同サイトに今オフの移籍市場を評価する記事を掲載。今オフの目玉だった大谷翔平選手(23)を獲得したエンゼルスに最高評価を与えた。

 ヘイマン氏は「この冬における、ここまでの勝者と敗者」と題する記事を掲載。エンゼルスが大谷獲得に成功したことについて「大谷は世紀のお買い得選手にランクインする。多く見積もっても2億ドル(約225億1400万円)の選手がわずか11パーセントほどの値段でやってきた。しかもそのうち10パーセントは日本ハムで、選手に支払われるのは1%程度だ」とし、大谷の選手としての将来性と獲得にかかった金額を示して評価。さらに「彼は先発投手としてトップクラスの才能を持っている。そしてアナハイムにおいてミッキーにつぐ人気者になるだろう」と、ロサンゼルスにあるディズニーランドに引っ掛けたジョークを交え、大谷の才能を高く評価した。

 さらにエンゼルスは大谷以外にも今季途中に加入した強打者・アップトン外野手と再契約し、メジャー通算234発を誇る強打のキンズラー内野手をトレードで獲得。投打に渡って積極的な補強に成功していることなどから1位に選ばれた。

 2位には、希望だったヤンキース移籍をつかみ取った今季のナ・リーグMVPで本塁打王スタントン外野手が個人としてランクイン。3位にはそのスタントン獲得に成功したヤンキースが入っている。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 「大谷は世紀のお買い得選手」 米記者がエンゼルスに移籍市場で最高評価