2017.12.14 05:02(2/3ページ)

中日移籍の大野奨が入団会見、地元で野球「僕の夢だった」

中日移籍の大野奨が入団会見、地元で野球「僕の夢だった」

日本ハムから中日に加入し、記者会見で森監督(左)と握手する大野奨太捕手=名古屋市

日本ハムから中日に加入し、記者会見で森監督(左)と握手する大野奨太捕手=名古屋市【拡大】

 北の大地にも愛着があった大野奨のハートが中日移籍に傾いたのは、やはり“地元愛”だった。

 「地元(岐阜)から離れて13年。たくさん知人、友人がいる中で野球をやるのが僕の夢だった」

 大野奨が生まれ育ったのは名古屋からJRで40分の岐阜県大垣市。「小さい頃は中日ファンで、ずっと強いドラゴンズをみてきた」。

 岐阜総合学園高から東洋大を経て2009年にドラフト1位で日本ハムに入団。13年には正捕手で日本一も経験したが、北海道にいても低迷している竜を気にしていた。毎年オフに、鳥取県内のスポーツジムで岩瀬、田島らと合同自主トレを行ってきた。今季途中に日本ハムから中日に移籍した谷元にも話を聞き、「中日の選手は、すんだ心を持っている選手が多いとか」と情報収集もしていたという。

【続きを読む】

  • ミットとボールを手にポーズをとる大野(撮影・三木建次)
  • 中日に移籍し、入団の記者会見をする大野奨太捕手=名古屋市
  • 握手をする中日・森監督(左)と大野
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 中日移籍の大野奨が入団会見、地元で野球「僕の夢だった」