2017.12.9 10:00(2/3ページ)

【帰ってきた!ダンカンが訪ねる 昭和の侍】片平晋作さん 田淵、清原に立ち向かったカタヒラーマン

【帰ってきた!ダンカンが訪ねる 昭和の侍】

片平晋作さん 田淵、清原に立ち向かったカタヒラーマン

特集:
ダンカン 虎の通信簿
1985年、西武時代の片平さんの一本足打法

1985年、西武時代の片平さんの一本足打法【拡大】

 1981年、南海のブレーザー新監督の起用法に納得できず、82年、ライオン星(西武)へ…。ここから、し烈なカタヒラーマンの戦いが始まるのだ。

 ライオン星の一塁には通算474本塁打の長打怪獣、大人気のタブチー(田淵幸一)が君臨し、アーチビームを炸裂(さくれつ)させていた。顔面蒼白(そうはく)のヒーロー。しかし、彼は立ち向かったのだ。新任の広岡達朗監督は守備重視のチームを作るらしい。タブチーは50センチ横のゴロの捕球も怪しい(田淵さーん、言ったのは片平さんですからねー)。チャンスはある!

 タブチーの守備固めからシーズンは幕を開けたが、気が付いたらタブチーをDHに追いやり、カタヒラーマンは一塁のレギュラーとして、82、83年の日本一連覇に貢献。83年にはゴールデングラブ賞に輝いていた。

 しかし、野球の神様はカタヒラーマンの杯に苦々しい一滴を垂らしたのだ。86年、天才野球少年怪獣がライオン星にやってきた。ポジションは、一塁。そのまぶしく太陽のような光を放つ怪獣の名は「キヨハラドン」(清原和博)であった。

 「終わった…」。なぜなら、自分がプロで10年かかってつかんだ打撃をキヨハラドンはすでに持っている。ところが、森祇晶新監督は自分と同じ勝負師の匂いを片平に感じていた。開幕から43試合、カタヒラーマンを一塁で起用したのである。

【続きを読む】

  • 片平さん(左)、洋子夫人(右)としっかり握手。球場での再会を誓った
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 【帰ってきた!ダンカンが訪ねる 昭和の侍】片平晋作さん 田淵、清原に立ち向かったカタヒラーマン