2017.12.1 05:01

阪神、人的補償求める 球団幹部「投手が狙いになるだろう」

阪神、人的補償求める 球団幹部「投手が狙いになるだろう」

 DeNAは30日、阪神から国内FA権を行使した大和内野手(30)を獲得したと発表した。

 大和は、人的補償のあるBランク。谷本副社長は「もちろん、そうですね。(人的補償が)出てくるでしょう」と明言した。ポジションについては「(プロテクト)リストを拝見してから決めていきたい」と話すにとどめたが、今季、藤浪が3勝、岩貞も5勝と期待を裏切った。DeNAは有望株の若い投手も多く、球団幹部は「投手が狙いになるだろう」と話している。

プロテクト

 人的補償が発生する場合、旧球団は、移籍先球団から支配下選手のうち、新人(ドラフト入団選手)、外国人を除くプロテクトした28選手は獲得できない。FA選手と移籍先球団との選手契約締結がコミッショナーより公示された日から、2週間以内に移籍先球団が上記の獲得制限選手を除いた選手名簿を旧球団に提出。締結公示から40日以内に補償を完了しなければならない。

FA有資格選手一覧

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神、人的補償求める 球団幹部「投手が狙いになるだろう」