2017.11.27 05:01

日本ハム退団の武田久、社会人野球へ コーチ兼任選手としてプレー

日本ハム退団の武田久、社会人野球へ コーチ兼任選手としてプレー

特集:
移籍・退団・引退
退団の挨拶後に、選手らに胴上げされた武田久(撮影・高橋茂夫)

退団の挨拶後に、選手らに胴上げされた武田久(撮影・高橋茂夫)【拡大】

 日本ハムを今季限りで退団する武田久投手(39)は26日、社会人野球の日本通運に復帰してコーチ兼任選手としてプレーすることを明らかにした。ファンフェスティバルで登壇し「一生に一度の野球人生。悔いのないよう、完全燃焼したい」とあいさつした。

 徳島・生光学園高から駒大、日本通運を経て2003年にドラフト4位で日本ハムに入団。09、11、12年には最多セーブを獲得した。通算534試合に登板して31勝30敗167セーブ、防御率2.61だった。プロ選手の社会人チームへの移籍は、トヨタ自動車でプレーする細山田(前ソフトバンク)らの例がある。

 また、榎下陽大投手(29)は現役引退を発表。来季から球団職員となる。

移籍・退団選手一覧

  • ファン感謝イベントで、家族から花束を受け取る日本ハム・武田=札幌ドーム
  • ファン感謝イベントで退団のあいさつをする日本ハム・武田=札幌ドーム
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 日本ハム退団の武田久、社会人野球へ コーチ兼任選手としてプレー