2017.11.24 12:00

DeNA・嶺井、600万円増の1900万円で更改「一番いいシーズンを送れた」

DeNA・嶺井、600万円増の1900万円で更改「一番いいシーズンを送れた」

600万円増の来季年俸1300万円でサインしたDeNAの嶺井博希

600万円増の来季年俸1300万円でサインしたDeNAの嶺井博希【拡大】

 DeNAの嶺井博希捕手(26)が24日、球団事務所で契約更改交渉に臨み、600万円増の来季年俸1900万円でサインした。

 「いい評価をしていただきました。自分の中では一番いいシーズンを送れたと思っています」

 今季は課題でもあった守備面でも成長し、ポストシーズンでは全14試合のうち、8試合で先発マスクをかぶった。日本シリーズ敗退となった4日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)では、同点の延長十一回二死一、二塁から川島に右前打を許し、右翼・梶谷の本塁送球はホームの手前で大きく弾み、捕手・嶺井の頭上を越えた。そのまま二走の生還を許し、サヨナラ敗退となった。

 嶺井は当時を振り返り、「あのプレーはいろいろと言われますけど、自分の中では最善を尽くしたプレー。神様がまだまだ勝つなと言っている」と語り、「重圧も感じたけど、日本シリーズという、今まで知らなかったところで野球ができた」と大きな経験を口にした。

契約更改へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. DeNA・嶺井、600万円増の1900万円で更改「一番いいシーズンを送れた」