2017.11.21 05:04(1/2ページ)

妻に感謝!MVPの鷹・サファテ、往復30時間の強行来日で表彰式出席

妻に感謝!MVPの鷹・サファテ、往復30時間の強行来日で表彰式出席

ずらりと並んだタイトルホルダーたち。壮観だ(撮影・矢島康弘)

ずらりと並んだタイトルホルダーたち。壮観だ(撮影・矢島康弘)【拡大】

 プロ野球の「NPB AWARDS 2017 supported by リポビタンD」が20日、東京都内のグランドプリンスホテル新高輪で開かれた。

 グレーのスーツが似合う紳士も、マウンド上での迫力は圧倒的だった。数々の勲章の締めはパ・リーグMVP。今季の主役を奪ったソフトバンク・サファテは4度も登壇した。

 「きょうは来るかどうか悩んだけど、みなさんが喜んでくれるし、ファンのためにも来ることが一番。頑張ってきたよ」

 米国から片道15時間。滞在10数時間ながら、往復30時間をかける強行軍で駆けつけた。異例の外国人選手の出席。今月9日の「正力松太郎賞」の発表時はもちろん帰国中だった。工藤監督が受賞するものと思っていた球団関係者が、サファテのコメントをとるために大わらわしたことも…。これだけの栄誉を受けたからには、今年の“顔”の責任として、表彰式には自分が出たかった。

 プロ野球記録を46から大幅に更新する54セーブで3年連続のタイトルを受け取ると、コミッショナー特別表彰、外国人選手で初の正力松太郎賞。最優秀選手まで、拍手を浴び続けた。外国人投手のMVPは1991年の郭泰源(西武)以来、26年ぶりの快挙だ。

【続きを読む】

  • パ・リーグのMVPを受賞し、あいさつするソフトバンク・サファテ投手。左はセ・リーグMVPの広島・丸外野手=20日、東京都内のホテル
  • ソフトバンク・サファテの年度別登板成績
  • 2017年最優秀選手・投票結果
  • MVPを受賞し、握手を交わす広島・丸外野手(左)とソフトバンク・サファテ投手=20日、東京都内のホテル
  • NPBアワーズで表彰され、記念写真に納まるソフトバンクの選手ら。(前列左から)今宮、工藤監督、甲斐、柳田、(後列左から)サファテ、千賀、東浜、岩崎=20日、東京都内のホテル
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. 妻に感謝!MVPの鷹・サファテ、往復30時間の強行来日で表彰式出席