2017.11.19 21:43

稲葉ジャパンが初代王者! 宿敵・韓国を投打で圧倒

稲葉ジャパンが初代王者! 宿敵・韓国を投打で圧倒

特集:
侍ジャパン
優勝して胴上げされる稲葉監督=東京ドーム(撮影・村本聡)

優勝して胴上げされる稲葉監督=東京ドーム(撮影・村本聡)【拡大】

 アジアプロ野球チャンピオンシップ2017決勝(19日、日本7-0韓国、東京D)予選1位の日本(2勝)が同2位・韓国(1勝1敗)を相手に7-0で快勝し、初代王者に輝いた。先発・田口が7回を投げ6三振を奪うなど3安打無失点と好投。6番・外崎が四回に先制打を放つなど2打点を挙げるなど効果的に点を重ねた。稲葉ジャパンは予選から3連勝で大会を締めた。

 宿敵・韓国戦。均衡を破ったのは四回だった。日本は無死一、二塁とすると、6番・外崎が右腕・朴世雄から右越え適時打を放ち、二走・山川が生還した。しかし、無死一、三塁から追加点を奪えなかった。五回は一死満塁から外崎が左前適時打で1点を追加。続く西川の右中間2点二塁打で4-0とした。

 六回は二死二、三塁から山川が左前2点打を放った。七回には西川の右越えソロで突き放した。

 投手陣は田口が7回まで韓国打線を沈黙させ、八回は石崎、九回は山崎康とつないで無失点リレーを完成させた。

日本・稲葉監督の話「若い世代だったが、みんなが日の丸を背負う重みを感じてくれて、この日本のためにしっかり戦うという気持ちの中で結束力もって一つになって戦うことできた」

アジアプロ野球チャンピオンシップ

日本、韓国、台湾のプロ野球団体がアジア球界発展のため新設した国際大会。参加資格は24歳以下(1993年1月1日以降生まれ)、または入団3年以内で、オーバーエージ枠は各国3人まで。今回が初開催で今後は4年ごとに行われる予定。賞金は優勝2000万円、準優勝500万円。

試合結果へ試合日程へ

  • 先発の田口=東京ドーム(撮影・村本聡)
  • 7回、ソロ本塁打を放つ西川=東京ドーム(撮影・吉澤良太)
  • 6回、2点打を放ち二塁ベースで変顔をする山川=東京ドーム(撮影・山田俊介)
  • 試合後選手に胴上げされるもなかなか持ち上がらない稲葉監督(中央)=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)
  • 3番手で登板する山崎康=東京ドーム(撮影・村本聡)
  • 3番手で登板する山崎康=東京ドーム(撮影・村本聡)
  • 力投する先発の田口=東京ドーム(撮影・村本聡)
  • 4回、外崎の適時打で二走・山川(右)が生還し侍ジャパンが先制=東京ドーム(撮影・吉澤良太)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 稲葉ジャパンが初代王者! 宿敵・韓国を投打で圧倒