2017.11.18 05:03(2/4ページ)

阪神・江越、スイッチヒッターへ「可能性が広がるのなら挑戦したい」

阪神・江越、スイッチヒッターへ「可能性が広がるのなら挑戦したい」

左打ちでロングティーに臨む阪神・江越=安芸市営球場(撮影・山田喜貴)

左打ちでロングティーに臨む阪神・江越=安芸市営球場(撮影・山田喜貴)【拡大】

 えっ、左打ち?! 打撃練習を終えた江越は室内練習場に入ると、本来の右打席ではなく、左打席に立って約90分、フリー打撃に励んだ。空振りしても、打球が前に飛ばなくても、必死にバットを振り続けた。

 「難しいですけど、自分の可能性が広がるのなら、挑戦したい。簡単じゃないことは、もちろんわかっています」

 大卒3年目の今季は開幕1軍スタートも、出場28試合でわずか1安打。5月29日に2軍落ちしてからは9月13日の再昇格まで、ファーム暮らしが続いた。「今年はほとんど2軍だったので…」。糸井のFA加入で外野枠は実質「1」。好調の中谷や俊介の前に、存在感を失ったシーズンだった。もちろん、このままでいいわけがない。

【続きを読む】

  • 江越は左打席に立ってスイッチに挑戦。必死で新たな“何か”をつかむ
  • 阪神・江越の年度別打撃成績
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・江越、スイッチヒッターへ「可能性が広がるのなら挑戦したい」