2017.11.17 05:01

新人の堀がピンチしのいで勝ち星「準備はしていた」

新人の堀がピンチしのいで勝ち星「準備はしていた」

8番手で登板した堀=東京ドーム(撮影・吉澤良太) 

8番手で登板した堀=東京ドーム(撮影・吉澤良太) 【拡大】

 アジアプロ野球チャンピオンシップ2017予選リーグ(16日、日本8x-7韓国=延長十回タイブレーク、東京ドーム)日本は昨年のドラフトで1位指名された新人、堀(日本ハム)が勝ち投手になった。4-7の延長十回、二死一、二塁で登板。最初の打者に右前打されて満塁となったが、続く打者を左飛に抑えた。その裏に味方がサヨナラ勝ち。強心臓ぶりを見せた19歳の左腕は「準備はしていた。ああいう場面で出ていって(流れを)切れたのは自信になる」と胸を張った。

試合結果へ試合日程へ侍Jメンバーへ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 新人の堀がピンチしのいで勝ち星「準備はしていた」