2017.11.9 18:20

京田、代表合宿で二塁守備に意欲「これからの野球人生に必ずつながる」

京田、代表合宿で二塁守備に意欲「これからの野球人生に必ずつながる」

二塁手としてノックを受ける京田=宮崎市清武総合運動公園(撮影・山田俊介)

二塁手としてノックを受ける京田=宮崎市清武総合運動公園(撮影・山田俊介)【拡大】

 16日に開幕する国際大会「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」に出場する日本代表は9日、宮崎市の清武SOKKENスタジアムで合宿を開始した。

 1年目から中日の正遊撃手となった京田が初日のシートノックで二塁手に入った。首脳陣は遊撃手の源田(西武)と上位打線で併用するプランを模索しており、京田は「秋季キャンプから準備してきた。(経験は)ゼロに等しいが、これからの野球人生に必ずつながる」と意欲を示した。

 長嶋茂雄(巨人)のセ・リーグ新人記録にあと4本に迫る149安打を放ったスター候補だが、稲葉監督から同僚の又吉と間違えられたことを明かし「『セカンドどうだ』と又吉さんが聞かれていた」と苦笑いだった。

試合日程へ侍Jメンバーへ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 京田、代表合宿で二塁守備に意欲「これからの野球人生に必ずつながる」