2017.11.8 10:00(3/6ページ)

【あの虎戦士は今】桟原将司氏、今はとり焼き全力投球!

【あの虎戦士は今】

桟原将司氏、今はとり焼き全力投球!

特集:
あの虎戦士は今
元阪神・桟原将司氏のお店「とり焼き さじ」店内=大阪市北区の「とり焼き さじ」(撮影・山田喜貴)

元阪神・桟原将司氏のお店「とり焼き さじ」店内=大阪市北区の「とり焼き さじ」(撮影・山田喜貴)【拡大】

 09年には初登板から115試合連続無敗という当時の日本記録を樹立。しかし10年に左膝手術を受け、11年にいったん育成契約に。同年オフに自由契約。12年は西武入団も、1軍で投げることなく、30歳でユニホームを脱いだ。

 「最初に思い浮かんだのが飲食店でした。現役時代からバーをやりたいなという思いがあって」

 保険の仕事などを紹介してくれる人もいた。悩んだが「自分のやりたいことをやった方がいい」と腹をくくった。

 お酒だけでやっていくのは難しいと考え、バーではなく料理を選んだ。ジャンルは決めていた。とり焼き。現役時代から通い、仲のよかった店のオーナーに「教えてください」と頭を下げた。

 「快く受け入れてくれて。10月にクビになってから、翌年(13年)の1月には始めました」

 そこから1年3カ月の修行。メニューを覚えることから始まり、仕込み、厨房と一歩ずつ進んだ。「あとはオーナーや店長の店の回し方ですよね。1テーブルだけ見てもアカン。お任せと言われたら、合間を見て何か出したり。お客さんに迷惑をかけない、喜ぶ出し方をする。それは見て覚えるしかないんで。頭で考えていたら、お客さんは待ってくれない」。

【続きを読む】

  • 大阪・北新地で「とり焼きさじ」を経営する桟原氏。第2の人生も全力投球だ(撮影・山田喜貴)
  • 現役時代の桟原氏。115試合連続無敗の記録を打ち立てた
  • 「とり焼きさじ」では、お客さんが自ら焼くスタイルだ
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【あの虎戦士は今】桟原将司氏、今はとり焼き全力投球!