2017.10.31 05:03(2/4ページ)

阪神がフェニックスL優勝無敗締め!望月、自己最速タイ155キロで4回0封

阪神がフェニックスL優勝無敗締め!望月、自己最速タイ155キロで4回0封

阪神・望月のフェニックスL登板成績

阪神・望月のフェニックスL登板成績【拡大】

 南国の地から、生きのいい若虎の声が聞こえてくる。前日の雨天中止で10年ぶりのみやざきフェニックス・リーグ優勝を決めていた2軍本隊が、無敗で締めくくった。最終戦は楽天に競り勝ち、有終の美。投手5人が1失点リレーと奮闘したが、一際輝きを放ったのが高卒右腕の2人。先発した望月が155キロを投げた。

 「ストレートがシュート回転して、左バッターのインコースから中に入ってしまった。シュートした分、とらえられてしまった。力が入りすぎたし、ボールの質をあげていかないと。そういう面がまだまだです」

 自己採点は厳しめだったが、着実にステップを踏んでいる。一回、先頭の田中にいきなり三塁打。2四球も絡み二死満塁とされるも、最後は西田を一ゴロに打ち取り立ち上がりをしのいだ。その後も若手中心のイヌワシ打線に3長打含む6安打を浴びるも、要所を締め4回を無失点。自慢の直球は自己最速タイの155キロを計測した。

 八回に4番手で投げた来季2年目の才木も152キロを投げ、1回無失点。若き才能は開花の時を待つように剛速球を連発した。

【続きを読む】

  • 先発し、155キロを計測した望月。大器が宮崎で開花寸前だ(撮影・林俊志)
  • 阪神・望月と才木のプロフィル
  • 阪神のフェニックス・リーグ日程&結果
  • 第14回みやざきフェニックスリーグ勝敗表
  • みやざきフェニックス・リーグを無敗で優勝し、記念写真に収まる阪神ナインと首脳陣
  • スコアボードに表示された「優勝阪神タイガース」の文字
  • 先発の阪神・望月=宮崎県宮崎市・SOKKENスタジアム(撮影・林俊志)
  • 8回、登板した阪神・才木=宮崎県宮崎市・SOKKENスタジアム(撮影・林俊志)
  • 9回に登板した阪神・石崎=宮崎県宮崎市・SOKKENスタジアム(撮影・林俊志)
  • 6回、登板した阪神・竹安=宮崎県宮崎市・SOKKENスタジアム(撮影・林俊志)
  • 勝利しナインをでむかえる阪神・矢野2軍監督(中央)=宮崎県宮崎市・SOKKENスタジアム(撮影・林俊志)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神がフェニックスL優勝無敗締め!望月、自己最速タイ155キロで4回0封