2017.10.28 08:00

【サンケイスポーツ評論家予想】小早川毅彦氏、ソフトバンク4勝2敗 戦力に穴がない

【サンケイスポーツ評論家予想】

小早川毅彦氏、ソフトバンク4勝2敗 戦力に穴がない

 サンケイスポーツ専属評論家による恒例の直前予想。江本孟紀、小早川毅彦、荒木大輔、大久保博元の各氏はソフトバンク、若松勉、野村弘樹の両氏はDeNAの日本一と予想した。4勝2敗でソフトバンクとする野村克也氏は、今年も大型評論『ノムラの考え』でシリーズ全試合を分析します。お楽しみに!

 ソフトバンクの戦力には穴がないし、大きな調子の波もない。打線は五分と五分だが、DeNAの投手陣には無駄な四球が目立つ。ファイナルステージの与四球数は、ソフトバンクが1試合平均2.6個に対し、DeNAは3.6個。1個差とはいえ、簡単に先頭打者を歩かせてピンチを招いていた。広島の拙攻に助けられた形で、ソフトバンク相手だと、そうはいかない。勝機があるとすれば、ファイナルステージのように継投がはまり、1点差で逃げ切る試合ができたときだろう。

日本シリーズ日程へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. 【サンケイスポーツ評論家予想】小早川毅彦氏、ソフトバンク4勝2敗 戦力に穴がない